来店相談・お問い合わせはコチラ

TEL.0120-134-435

営業時間09:00~19:00

(毎週月曜・第1、第3火曜 定休)

岐阜県岐阜市白菊町2-6

insta

岐阜の「Angelie (アンジェリー)」でフォトウエディング!

BLOG&NEWS

HOME > BLOG&NEWS > ブライダル衣裳の歴史02

BLOG&News

2022年7月11日

ブライダル衣裳の歴史02

結婚式は挙げないけれど写真は残したい、披露宴ではドレスしか着ないので前撮りで和装の写真も撮りたい、あるいは、屋外でのロケーション撮影もしてみたい、披露宴では着ないいろいろなドレスを着て記念に写真を残しておきたいなど、ウェディングフォトに関するさまざまなご希望を叶えるために、岐阜県岐阜市白菊町に店舗を構える「Angelie(アンジェリー)」は、一生の中でもっとも大切な記念となるであろうウェディングフォトを通して、お客様の夢とご希望を叶えるため、白無垢や色打掛といった和装から純白のウェディングドレスからカラードレスまで、さまざまな衣装を取り揃え、また専属のヘアセット・メイクやブライダルエステのスタッフまでを揃えて、お客様の人生最高の日を写真という形で留めておくお手伝いをし、お客様の幸せの瞬間を記録する活動をさせていただいております。

みなさまこんにちは。「Angelie(アンジェリー)」広報担当のAと申します。

花嫁の衣裳には、和装である白無垢、色打掛、引き振袖、洋装であるウェディングドレス、カラードレスといった素敵な衣裳がございます。

白無垢とは、室町時代から婚礼衣裳として着用され、古来より最も格式の高い正礼装です。和装版ウェディングドレスもといわれており、白無垢を身に包む花嫁の方も少なくありません。

和装の婚礼衣裳のひとつ色打掛は、鮮やかな様々な色を使い、豪華な刺繍がふんだんに施されている花嫁衣裳です。挙式の際に着る和装のなかで最高位とされており、白無垢とほぼ同等に格式高い式服とされています。

引き振袖とは、成人式で着る振袖に比べて裾が長く、裾にふき綿が入り、裾を引いて着る振袖のことです。コーディネートもアレンジがしやすく、身軽でもあるため和装の中でも着心地が良く動きやすい衣裳なのです。

 

「Angelie(アンジェリー)」は、「最高の笑顔で、最高の思い出を。」をテーマに、創業から半世紀以上、3,500組のお客様を撮影してきたその実績と経験、そして高い技術力を生かして、お客様に心から満足していただけるフォトウェディング、ブライダル衣装レンタル、ブライダルエステなどの事業を展開しております。

岐阜県、あるいは広く東海地方で、ウェディングフォトや婚礼前撮りに関するお悩み、ご要望をお持ちのかたは、是非一度「Angelie(アンジェリー)」までお気軽にご相談ください。

質の高いスキルとノウハウを持つスタッフが、お客様のご希望を100%叶えるためのお手伝いをさせていただきます。

Angelie

-アンジェリー-

お問い合わせ&来店予約

アイコン

0120-134-435

アイコン

メールでのお問い合わせはコチラ

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 0120-134-435 メールでのお問い合わせ
  • 0120-134-435
  • メールでのお問い合わせはこちら